(一財)土木研究センター/一般財団法人土木研究センター 賛助会員様向け 第2回講演会開催のお知らせ

 
一般財団法人土木研究センター 賛助会員様向け
第2回講演会開催のお知らせ

 

 この度、弊センターでは、賛助会員の皆様を対象に弊センター主催による講演会を下記のとおり開催いたしますので、ご案内申し上げます。
 つきましてはご多用とは存じますが、是非ともご参加を賜りますようお願い申し上げます。

 

 「参加申込書」は、講演会開催のご案内とともに土木技術資料2月号(2月1日発送)に同封いたしましたので宜しくお願い致します。なお、このホームページからもダウンロードできます。 → 「参加申込書」(Excelファイル)

 賛助会員でない方も、賛助会員になっていただければ申し込みができます。(新規申し込みされる方に対して、定員の中に数名分の枠を設けています。) 賛助会員の入会申し込みは、こちら。 → 「賛助会員入会申込書」
(Wordファイル)
 
 
1.日    時    平成30年 4月17日(火) 14時から17時まで
2.会    場   一般財団法人土木研究センター 会議室
東京都台東区台東1−6−4 タカラビル 3F
TEL.03−3835−3609
3.講 演 名   「土木研究センターにおける路面性状評価等の舗装調査に関する 取り組み」
     
4.プログラム   (講師は、弊センター職員が務めます。)
     

  ・13:30〜   受 付
 
  ・14:00〜14:30
 
全体概要

道路研究部長 安藤 和彦
      ・路面性状自動測定装置の性能確認試験の実施状況
        ・すべり測定の実施状況  
        ・土木研究所支援業務の内容
          舗装走行実験場、FWD検定装置
  ・14:30〜15:10  

路面性状自動測定装置の性能確認試験の変遷と現状

     

 

道路研究部 主幹研究員 倉持 智明
        ・性能確認試験の目的  
        ・性能確認試験の変遷  
        ・性能確認試験の現状  
        ・今後の展開  
     
  ・15:10〜15:20

休 憩

       
  ・15:20〜16:00

標準車を使った路面すべり測定

     

道路研究部長 安藤 和彦
        ・すべり測定の重要性  
        ・我が国におけるすべり測定の経緯
        ・世界でのすべり測定評価
        ・すべり測定方法の種類と標準車の位置づけ
        ・標準車によるすべり測定方法と実績
  ・16:00〜16:30   舗装走行実験場を使った舗装(路面性状、構造)の評価
            道路研究部長 安藤 和彦
        ・舗装走行実験場の特徴
        ・舗装走行実験場を使った性能評価
  ・16:30〜17:00     質疑及び意見交換
         ※日頃からお悩みのご相談も含みます。
         
5.定    員   36名(先着順、1社2名まで)
6.参 加 費   無 料
7.そ の 他    本講演会は土木学会CPDプログラム(2.8単位)に認定されています。

(お問い合わせ先)

 一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 外山、松崎
 TEL:029−864−2521 E−mail:mail@pwrc.or.jp

 
(参考) ※賛助会員様向け第1回講演会(平成29年11月10日実施)の様子

トップページ